So-net無料ブログ作成
研修など ブログトップ

8月研修会 [研修など]

毎年、8月の第一週の土日には、色彩フォーラムがあります。
以前はスタッフとして関わってきたけど、本部の仕事を辞めたので、提携アトリエ主宰者として、土曜日の交流会と日曜日の研修会だけ参加しました。
どちらの日も、午前中は川にはいっていました(笑)
土曜日には、最後に末永先生の、メソッドなきメソッドの話しが聞け、最近漠然と思っていたいろいろなことがまとまりをもってくる感じがしました。

日曜日も遅刻して(笑)ワークの途中から参加。

image-20130805163848.png
今回は時間もある程度たっぷりある感じのコラージュのワークでした。

末永先生のお話しもたっぷり聞けて
土曜日とあわせて、なんだか、自分のモヤモヤがハッキリしてスッキリしてきた気がします。

明日6日と木曜日8日にはアトリエがあります。

夏休みのアトリエ、がんばろ〜

nice!(0)  コメント(0) 

ヘルパー2級講座 [研修など]

先週で今年のアトリエは終了。
今週から「ヘルパー2級講座」の実技集中演習に入りました。
で、慣れない動きの連続に珍しくヘタっております。
週末連休になるので、また年内最後のアトリエの様子や作品、
見に行ってきたものや、ヘルパー講座の詳しいことなど、ブログにもUPして行きたいと思います。

image-20121219210643.png

座学が終わり、実際の演習です。
大変なところもたくさんありますが、
座学の内容も大変興味深いものだったし、
実際の動きには新しい発見や
感動があって、ヘタってはいるのですが、とても充実しています。

今日は、車椅子に乗ったり、押したり、
アイマスクをしたり、アイマスクをした方を誘導したり、教室を飛び出しての演習もありました。
風が強くて寒かったのですが、クラスメイト?と共に楽しく勉強しています。
image-20121219211224.png

そして、ぐったり(笑)(笑)
だけど、明日もがんばるぞ!!

nice!(0)  コメント(0) 

日本子どもソーシャルワーク協会講座など [研修など]

3年くらい前から、日本子どもソーシャルワーク協会で、ケアワーカーとして働いています。
最近は世田谷区の産前産後の養育者の家事育児支援をする「さんさんサポート」を主にやっています。
協会は年に何回か講座を開催しています。

image-20121117220449.png

今日は多田元(ただはじめ)先生と、高岡健先生のお話しを聞きました。
お二人とも愛知県から来てくださっていました。

多田先生は弁護士さんで、居場所のない、児童相談所では掬いきれない子どもたちや、いわゆる非行少年少女の支援をされています。
子どもたちは、社会的に弱者であり、不当な扱いに対してそれを表現していけない…
だから支援が必要だと。

子どもたちに「こんなにやってあげたのに」と思うことは全くない、大人が子どもたちに対してやってきたことを、返してあげなければいけない…

子どもたちが犯罪を犯した背景について
いくつかのケースを聞かせていただきました。

そして、もし、気持ちを語ってくれる一人の子どもがいたら、そのうしろには無数の子どもたちの声があると。

子どもたちが、自分の気持ちを言葉にするのが難しいのなら、
やはり、創作を通じて子どもたちの心の声を聞くことは、とても意味のあることと思います。

高岡先生の講座は二回めでしたが、前回とはまた違った内容で、大変勉強になりました。
自閉症スペクトラムについて、
また、精神鑑定についてのお話しでした。

私がずっと師事している末永蒼生先生もいつも
言っていますが、「障害」は社会が作り出すものといったお話しもありました。

相手を理解し、適切な対応(支援)ができれば、もっとみんな生きやすくなれるんだろうに…

さて、先日から、ヘルパー2級の講座を受講しています。
障害のある方、ご高齢の方との対応について学んでいます。

image-20121117225440.png
実際に現場の看護士さんや、理学療法士さんのお話しが聞けて、こちらも勉強になります。

今、読んでいる本は、『「痴呆老人」は何を見ているか』(大井玄著)といいます。
帯の「われわれは皆、程度の異なる痴呆である」という言葉に惹かれました(笑)

子どもたちも、ご高齢の方も、社会的弱者と言う点で同じとも思えるし…

だけど、人はまさに、皆、様々な違う特徴を持ち、いろいろな不自由を抱え生きているのでは?
もちろん、私も。

image-20121117230112.png





image-20121117230537.png

あ、レポート書かなくちゃ(泣)

nice!(0)  コメント(0) 

ハーティトゥリー勉強会 [研修など]

子どものアトリエアートランドの提携アトリエは全国に50くらいあるのですが、
その中のいくつかのアトリエ主宰者で勉強会のサークル?を作っています。
アトリエ主宰者同士で、情報交換をしたり
勉強会をしたりしています。

今日の勉強会は、埼玉のアトリエいろのは
のゆきちゃんと、茨城のアトリエ・ヒーローズのひろこさんが企画してくれました。

ワークショップは「箱」

私のきもちを表現した「箱」を
ご紹介します。


image-20120206201331.png

太陽・土・水・花・草、
自然の力を表現しました。

image-20120206201522.png

箱の中には、原子炉マーク2。


image-20120206201720.png

早く、全部、封印したいな…

自然のちから、好き。

こうして、ワークショップをしたり
アトリエでの作品画像を持ち寄ったりして
勉強会をしています。


nice!(0)  コメント(0) 

茂木健一郎先生ときたやまおさむ先生の対談 [研修など]

image-20111029235006.png

行けなくなった人の代わりに
茂木健一郎先生ときたやまおさむ先生の対談という
とてもラッキーな講座に参加。
茂木先生がきたやま先生にインタビューするような形式でしたが、
茂木先生のお話しも、きたやま先生のお話しも、とてもいい内容でした。
私のメモは11ページになってしまったので
まとめるのは至難の技(笑)(ーー;)
きたやま先生も、いつもおっしゃっているように
顔の見える範囲で伝わる
ことかなと思うし、内容を伝えることは
無理なんだけど、

・中途半端な存在がイイということ

(獣か鳥かハッキリしない分類できないコウモリがイイ)

・裏と表があることを認めること

(そして心は裏にあるということ。そして、それは他人事でなく、自分も含めてということ)

・自分の台本を知ろう

(危機的状況におかれた時の自分の対応のクセは過去にその台本が既にある。)

・困難の多くは時間が解決する

(慌ててはいけない。いなくならない つう もありだということ)

・個別の問題は個別で対応する

(一人一人の青い鳥は違う)

・伝えるためには自分が実践し自分がそういう存在になるしかない。

(コウモリになる。コウモリこそが面白い)

こんな感じかなあ。

この前のアトリエのミーティングでも
・今を生きることが大切

という話しになったけど
今日
きたやま先生の話しを聴いてよかったなあと思う気持ちで明日を生きて行けばよいと。
みっともない毎日をみっともなく生きようと。
先生は自然を感じたとき幸せだなあと思うそう。

茂木先生はとっちらかってて(笑)
でもとっちらかってるのをなんとかまとめるのがとてもお上手で(笑)
それも、茂木先生の「台本からきてる」なんて
はなしもあって、
以前に茂木先生の講演会で漱石の話を聞いた時より
なんか人となりがとてもよくわかって、
こういう場所でとても素敵な方なんだなあ、とか
中学時代の話なんてとても共感できました。

なんか、感想書くのもおこがましいな、って
思うくらいなんだけど、
きたやま先生の
「あなたがそうなるしかない、あなたがやるしかないんだよ」
っていろんな箇所でおっしゃってたのを思うと、
そうなんだよなあ~~って気持ちになって・・・・。

質問した方もたくさんいらして
とっちらかってる 部分も含めて(笑)
とてもよかったです。

私も
コウモリであれるといいな
ってか
コウモリにしかなれないかも(笑)


最後の授業――心をみる人たちへ

最後の授業――心をみる人たちへ

  • 作者: 北山 修
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2010/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

ハーティトゥリー勉強会 [研修など]

[黒ハート]末永カラーメソッドを使った子どもたちの心を育てるアトリエ「子どものアトリエアートランド」。
全国各地に青山本部のアトリエと同じような形態で運営されている「提携アトリエ」があります。各地の提携アトリエは色彩学校で認定された「チャイルドアートカウンセラー」がそれぞれ運営しています。提携アトリエはそれぞれ独立運営されているのですが、各地に気持ちをひとつにした主宰者たちが集まって勉強をする会があります。
私がはいっているのは、主に東京近郊(メンバーには関西の人もいます)のアトリエの主宰者が集まっている「ハーティー・トゥリー」。1年に5~6回集まって勉強会をしています。
みんなで末永先生の講演会を企画・開催したこともあります。

勉強会は、メンバーが企画したワークショップをみんなでやったり、絵の読み解きの勉強をしたり、画材の情報交換したり、アトリエで困っていることを相談しあったり・・・・
毎回充実した時間を過ごしています。

先日は、メンバーの二人が企画したワークショップ、その後は12月の画材の情報交換をしました。

今回のワークは結構凝ったものでしたよ。
表現をUPしていきます。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先生の研修会 [研修など]

なんだか涼しい風を感じるようになりました[黒ハート]
ところによってはもう新学期が始まっている学校もあるようです。
今年はインフルエンザのこともあり、各学校ともいつもより緊張した新学期を迎えているようです。
夏休みも、ゆるりはゆるりゆるりと開催していましたが、青山本部のアトリエはお休みでした。
その間、本部では私はいつものように事務処理をしたり、会員さん向けの通信の編集をしたり、いつもはできない画材整理をしたりしていました。
8月のはじめには色彩フォーラムにも参加しました。1年に1度の研修会で、全国のカウンセラー仲間に会い、またパワーアップしました![わーい(嬉しい顔)]

そして、今年は新しいことがひとつ。[ビル]
8月の終わりに相模原市の東林小学校というところで、先生方の研修会でワークとお話しをさせていただきました。
42名の先生が参加され、みなさんとても楽しく熱心で前向きで、とてもいい研修会だったと思います。
アンケートでも、「子どもたちの対応に役立てたい」「違う視点をもつことができた」など、とてもうれしい回答ばかりで、本当に行ってよかったなあ、と感じました。

自分の子どもを通して、学校のPTAの活動にもアトリエ活動と同じように関わってきました。
これからも、アトリエの活動を通して、子どもたちが多くの時間をすごす、「学校」という場に関わっていくことができたら素敵だなあ、と感じました。

[メール]ワークショップ、色彩・創作などの子どもたちの教育現場への生かし方など、研修会のご要望などありましたら、
お気軽にご連絡ください。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
研修など ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。