So-net無料ブログ作成
ウメダヒサコ ジャズダンス ミックス ファクトリ ブログトップ

深川レビュウ [ウメダヒサコ ジャズダンス ミックス ファクトリ]

[黒ハート]11月8日に長女の舞台がありました。
私も影アナを担当。
手前味噌というか・・・
ウメダ先生の才能に魅せられてしまい、長女は師事して8年。私も途中、教えていただきましたが、娘たちの舞台に賭ける情熱に中途半端ではやっていけないと思い、断念。
その後は裏方に徹してきました。(今は自分はダンサーではなく、世田谷で和太鼓をやっております。)
8年間にはつらいこともたくさんあったけど、ほんとうにここまで続けてきてよかったなあ、という舞台になりました。
興行として、完成度の高いものだったと思います。「うめだや!日本一!」
私は舞台が好きで、よく演劇やレビュウを観ますが、興行でやっていくのは本当に大変で
すばらしいダンサーたちも、志半ばで舞台を降りざるを得ない、あるいは、趣味としてやるしかない、ということは常にさびしい、もったいない感じです。
「芸術」という分野は、絵にしても、ダンスにしても、なかなか経済として成り立たないのは日本の貧しさではないのか・・・
生活というのは大切だと思うけど、人間が人間として生きるということは、そういう、美や表現や、こだわりや・・・
そんなものがもっともっと大切だと思うのです。
ダンスでご飯は食べれないけど、だけど、「舞台にあがっているときが一番幸せ」という長女にはずっと踊っていてほしいなあ、と思うのでした。
これまで、ブログの中で、アトリエ以外のことにはあまり触れなかったのだけど、今回の舞台をみたら、なんだか書きたくなりました。
次は埼玉ジャズダンス協会の協会作品のレッスンが1月から始まります。
それまでは、基本のレッスンを続けていくわけだけど、できるだけ応援したいなあ、と思っています
本番では舞台の写真や動画は撮ることができないので、画像はゲネプロで撮った「炎のベートーベン」のワンシーンです。(すばらしい照明は、スタジオハロの吉田先生です。)
DSC00190.JPG
次の舞台は宣伝しちゃおっと。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ウメダヒサコ ジャズダンス ミックス ファクトリ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。